RECRUIT

  • HOME
  • Interview
  • 日本No.1ヘッドハンター弊社代表の志水に『藤村教えて』と言わせた女性キャピタリストの成長と志。

Interview

日本No.1ヘッドハンター弊社代表の志水に『藤村教えて』と言わせた女性キャピタリストの成長と志。

動画領域のヒューマンキャピタリストとして活躍!挫折と覚醒を経てつかんだ今の自分

学生時代から人一倍「自分にしかできないこと」を追及してきた藤村彩乃。スタートアップのグロース支援、成長産業支援をするというビジョンに魅力を感じ、自信を持って入社したものの、最初は挫折の連続だった。だがfor Startups, Inc.(旧:NET jinzai bank)の素晴らしいタレント(才能)との出会いが藤村を覚醒させた。今や動画領域のスペシャリストとして、ハイパフォーマンスを誇る。

人材業界の仕組みに違和感。「人材」ではなく、スタートアップのグロース支援と知ってfor Startups, Inc.へ

「前職では、とにかくやる気が湧かなかった」と反省を込めて振り返る藤村彩乃。新卒で入社したのは、求人メディア、人材紹介などを手がける株式会社キャリアデザインセンター(以下、CDC)だ。入社してほどなく、飛び込みの名刺獲得キャンペーンで社内ギネスを更新。できる新人と思いきや、藤村はすぐにやる気を失った。その理由は「私じゃなくてもいい、誰も幸せにしていない」と思ってしまったから。取り組む意義を見出せなかったのだ。

藤村は人一倍、「自分にしかできないこと」にこだわるタイプ。学生時代はアパレルショップのアルバイトや、スタートアップ企業のインターンとして働き、自分なりの工夫をこらしながら成果を上げてきた。それは有意義で楽しい経験だった。就職活動でもスタートアップを目指していたはずだったが、人が良く、成長できると感じたCDCへ。その方向性の違いを埋めることができず、結局は辞めることになってしまった。

「CDCが悪いのではなく、自分が判断を誤ったのです。早く、本来行きたかったスタートアップにシフトチェンジしなくてはと思いました。同時に『もう人材業界はこりごり』とも」。そんなとき、藤村のもとへ届いたのがfor Startups, Inc.からのスカウトメール。最初は「よくあるただの人材会社」と思い、検討外だったが、「なぜかどんな軸で検索をかけてもfor Startups, Inc.が出てくるのです。これはご縁があるのかなと思いました」と藤村。とはいえ「でも人材だよね」と、まだ半信半疑だったが、メンバーに会うとイメージは一変した。「人材」ではなく、スタートアップのグロース支援、成長産業支援をする会社であるとわかったのだ。メンバーとビジョンに好感を持ち、その後に会った代表の志水雄一郎の話には、ただただ圧倒され、気が付けば入社することに。

forstartups,Inc.イベント風景

人生初めての挫折を経験。目指すべき存在に出会い覚醒。学びと努力と再構築の日々

for Startups, Inc.で、今度こそ「自分らしさ」を発揮しようと張り切っていた藤村だが、立ち上がりの苦労は想像以上だった。成果が出ない。「それまでは、自分に自信を持っていたんです。『私ってできないんだ、どうしよう』と、人生で初めての挫折を経験しました」。自分らしさにこだわるあまり、素直に人の意見に耳を傾ける姿勢も不足していた。そんな時にfor Startups, Inc.に入社してきたのが恒田有希子だ。株式会社メタップスで事業統括カンパニー長を務め、ビジネスの最前線で戦ってきた彼女に、藤村は心酔した。「一緒に動きたい」と言うと、恒田は快諾。その日から3カ月あまり、全ての行動をともにした。

「恒田は『藤村の領域を作ろう』、『タレントを発揮できる場所を作ろう』と言って、引き上げてくれました。彼女を抜かすことを目標にしろとも」。藤村も努力した。「恒田は情報量、人脈を持ち、勝ち方を知っている。奪うしかないと思いましたし、恒田も、持っているものを惜しげなく提供してくれました」。恒田の面談にも同席。候補者との会話を書き起こし、スクリプトを作って研究するなど全てを吸収しようと努めた。

そして、いつしか藤村は見事に再生していた。「今思うと、素直さと謙虚さが足りなかったんです」と藤村。タレントの集まりであるfor Startups, Inc.では、それぞれがカラーを持っている。藤村は無心に恒田に倣い、その土台の上に、新たな藤村を構築した。「素直に謙虚に学びながら、自分らしさをプラスする。今、やっと他のみんなのような『らしさ』を出せるようになったと思います」。

藤村with恒田

動画市場の大波が到来中。優秀な人材を勝ち馬のスタートアップへ

今、藤村は動画領域のスペシャリストとして活躍している。現在、「動画関連企業」が急速に世の中を席捲している。スマートフォン向けの動画サービスは、大波が来ているかのような急拡大期にあり、テレビなど既存のメディアから優秀な人材を取り込みながら、マーケットが創造されつつある。かつて映画からテレビに覇権が移ったように、今はテレビからパソコン、スマートフォンへと視聴の場が移行。デバイスの変化とともに、プレーヤーも表現手段も変わる。VR、AR、MRも、これからますます台頭するだろう。

藤村は起業家や投資家、そして候補者として出会う映像の業界の人たちも含め、多方面から話を聞ける立場にある。「投資家の皆さんとの議論などから、業界の動向を俯瞰して見ると伸びる企業が見えてきます。業界でのご経験が豊富で新たな市場にご興味がある方が伸びる企業に移れば、仕事と報酬に恵まれ、その方の市場価値が上がり、企業も成長し、ひいては日本の発展にもつながります。もちろん支援した私もご縁を作れて嬉しい。私たちが成長企業に行こうと呼びかけるのは、このように、みんなが幸せな結果になるからです。『そこに求人があるから』『その方が行きたいと言っているから』『直近の年収が上がるから』『feeが高いから』という理由でご紹介をするのでは意味がありません。でも、現状の日本には、そのような横流しをするエージェントがほとんどです」。藤村は心底、もどかしそうに言う。

だから、スタートアップに参画する意義を理解してもらおうと、出会う人全てに全力でぶつかる。「暑苦しくて嫌がられることもありますが(笑)」と藤村は話すが、情報を余すことなく伝え、選択肢を示し、相手の判断を促す。目の前の方に全力でぶつかっているのが藤村の魅力だ。「大手に行きたい」と言う方には、その理由を掘り下げて聞く。残業ナシ、大きなプロジェクトに携わりたい…といった理由であれば、スタートアップの中にもそれが叶い、むしろ大手に行くより希望に寄り添える会社があることを伝える。時には導くような話し方もしながら、転職者に寄り添い、藤村は、スタートアップへと向かうトレンドを作ることに懸命になっている。それが、ただの御用聞きではないfor Startups, Inc.の価値と信じて。

藤村 slush tokyo イメージ

世界の時価総額ランキングに日本企業が並ぶ日を夢見て。仲間とともに突っ走る

覚醒し、成長した藤村は、今では、毎月予算を達成するハイパフォーマーだ。でも「自分はまだまだ『Be a Talent(タレントであれ、というfor Startups, Inc.のコアバリュー)』できていない」と言う。高い視座を得た藤村にとって、目指すゴールははるか遠くにある。「世界の時価総額ランキングに日本のスタートアップがズラリと並んだ時や、日本のGDPがアメリカなどの上位国を抜かした時が一つのゴールでしょうか」。そんな未知の世界を本気で目指し、突っ走る覚悟だ。

楽な道ではないが、決して苦しくもない。「投資家や起業家の皆さんとパートナーになり、企業と日本と転職候補者のために活動することが楽しい。仕事だとは思っていません。趣味というと軽く聞こえますが、自ら望んで打ち込んでいるのです。本当に毎日幸せな仕事だと思っています」。藤村は言う。

代表の志水、藤村を引き上げてくれた恒田など、仲間たちの存在もかけがえのないものだ。「驚くのは日本一のヘッドハンターである志水が『教えて』と、私のところにやって来るのです。わからないことがあれば躊躇なく私に聞く。その懐の深さ、トップになってもなお吸収しようという貪欲さに驚き、私ももっと学ばなければと思います」。

貪欲な姿勢は、for Startups, Inc.のメンバーみんなに共通するものだ。それぞれが尖った個性とスキルを持ちながら、驚くほど素直で前のめり。藤村は日々、こんなメンバーとともに働ける幸せをかみしめている。自信を持って入社し、一度ズタズタになり、今、また堂々とした藤村に戻った。得意の領域を見つけ、実績を上げたうえで得た確かな自信だ。「一緒に日本を勝たせよう。これから入ってくれるメンバーに言いたいことは、これに尽きます」と力強く語る藤村の表情は、実に晴れやかだ。

Share

for Startups, Inc.は一緒に働く仲間を大募集しています!

JOIN US!