RECRUIT

  • HOME
  • Interview
  • 元スタートアップCTOと元楽天開発MGRが語る、エンジニアがfor Startupsにジョインするということ

Interview

元スタートアップCTOと元楽天開発MGRが語る、エンジニアがfor Startupsにジョインするということ

for Startupsにジョインしたエンジニアは、主にTalent Agency(TA)とTech Lab.(TL)の2つの組織にまたがり、仕事をすることになる。TAは、有力ベンチャーキャピタルとタッグを組み、成長産業・成長企業に優秀な人材を集中支援。TLは、テクノロジーの力で、スタートアップ企業や新産業が抱える課題を解決するサービスを創出する。組織といっても極めて流動的で、社名でもある「for Startups」のビジョンの下、直面する課題を解決するのに最適なチームが都度、結成されるイメージだ。縦割り組織も、役職や年齢による序列も一切なく、自由に意見を言い合うフラットな社風が形成されている。

■for Startupsのエンジニア~仕事への思い

――現在、担当している仕事の内容と、なぜそれをやるのか、仕事に向き合う思いを教えてください。

伊勢路
私は、メインはTAの活動をしつつ、TLチームと一緒に、社内システムである業務支援システムの機能改善や機能開発に取り組んでいます。ユーザーサイドのTAと、開発サイドのTLを橋渡しする役割ですね。

なぜ、ヒューマンキャピタリストとして活動しているかというと、日本のエンジニアに対して危機感と期待を持っているからです。私は、現場のWebエンジニアからスタートしてプロダクトマネージャー、大企業の管理職と務めてきましたが、海外のエンジニアと比べて日本のエンジニアは技術キャッチアップへの積極性が低いのではないかと感じていました。その理由は、雇用の流動性が低いから。クビにならないので、究極的にはスキルアップの必要はありません。一方、海外では普通にクビになるので、スキルがないと次がない。だから、普段からスキルアップに励むという環境にあります。

本来、エンジニアは自分の手でプロダクトを作って、世界を変える可能性もあるのですから、そのような高い視点を持ってスキルアップに励み、エンジニアが活躍する土壌を作りたいという気持ちが、この仕事に取り組む原点です。スタートアップ支援を通じて、エンジニアが活躍できる場を作り出し、エンジニアがビジネスにおいて存在感を発揮できる社会にしたいと思っています。

新卒で会社を選ぶとき、既にできあがった大きい会社に入り、何か自分には合わないなと違和感を覚えている人は少なくないと思います。でも、軌道修正しようとしたとき、スタートアップという世界があり、どのような会社があるのかと知っている人は、あまりいません。そもそも知る機会がないので、そのような方々とできるだけお会いし、どんな可能性が広がっているのかを知ってほしいと思います。

――戸村さんは主にTLとして活動しています。具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

戸村
私はTLがメインですが、TA側の求職者の方の支援もしています。

TLの仕事はこれと、きちんと決まっているわけではありません。基本的には開発で、スタートアップ企業向けのサービスやシステムを開発しつつ、社内向けのシステムも手がけています。直近では、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム『STARTUP DB』をリリースしたところです。これはスタートアップ、ベンチャー企業のデータベースと、成長産業に特化した独自コンテンツを発信するメディアを統合したプラットフォームです。元TechCrunch Japan編集長の西村賢氏とパートナーを組んでやっています。スタートアップに人が集まらないのは、知られていないから。だからといって専任の広報を置いて宣伝する余裕もありません。そこで当社が、広報の代わりとなってスタートアップを広めていきたいと思い、始めました。

スタートアップを支援するサービスは、これからどんどん作って出していきます。一人で何でもやらなければいけないスタートアップでは、例えば採用面接の日程調整や経費申請など、事業以外に割く時間が多いです。私も前職で経験しましたが、周辺業務に時間を使っているCEO、CTO、CFOは非常に多い。それらを自動化し、より事業の本質に集中できるようにするプロダクトを作っていきます。スタートアップの事業を推進していくために、大きいサービスを作るのではなく、色々なサービスを次々と作っていくつもりです。これからfor Startupsに入る方は、色々なサービスの立ち上げに関われるので、おもしろいと思います。今、社内の業務システムとして作っているものも、社内で試して、うまくいけば外向けに展開していきますし、それを前提に伊勢路にもTLに入ってもらっている形です。

for Startups, Inc. 戸村と伊勢路

■for Startupsの組織~ビジョンの下、必要な役割を主体的に果たしていく

――TAはTA、TLはTLの仕事だけをするわけではないのですね。

戸村
組織としてはTA、TLと、もう一つ事業開発を行うBD(Business Development)がありますが、垣根はなく、横断的に動いています。私が、求職者の方と面談し、サポートをすることもありますし、伊勢路もTLのプロジェクトに参加しています。一応メインの業務としてTA、TLという役割がありますが、それを超えて、「for Startups」というビジョンを実現するために、各人が必要とされるプロジェクトに加わるというイメージです。目的はあくまでも、日本から一社でも多く世界で活躍する企業を輩出すること。そのために最適な役割を果たそうとすると、このような柔軟なチームになるということです。

伊勢路
組織横断、といった大げさな話ではなく、結局、「目的を果たすためには横断的にやったほうがいいよね」、ということでしかありません。よく、大きな会社では「マトリックス組織」と称したり、組織を作ったり崩したりを繰り返したりしますが、我々はごく自然にチームを組んで、目的と課題に対して必要な仕事をしているだけです。逆に言うと、営業が営業だけをやっていればいいという会社ではないので、エンジニアで言えば、サーバーサイドからフロントまで何でも興味を持って取り組める志向の人の方がいいでしょうね。さらに踏み込んでBDの仕事もできますし、手を挙げれば何でもやれる環境です。

■for Startupsで得られるもの~サービスを立ち上げていく面白さ

――エンジニアが、for Startupsに参画することで得られるものは何でしょうか。

伊勢路
それぞれに志向性があるので、プロダクト作りが好きならば、我々がご支援しているようなスタートアップで、世界で戦うプロダクトを作るという選択肢も素晴らしいと思います。

一方で、for Startupsでできることや、やりがいは、組織づくりや資金支援といった間接的な形ではあるけれど、かなり幅広い会社の事業成長やプロダクト作りに関われるということではないでしょうか。加えて、世の中の優れたスタートアップがどのような戦略をとり、そのためにどのような組織を構築しているかを知ることができます。さらに事業成長の初期段階で必要なエンジニア像、組織が大きくなってから活躍できるエンジニア像、あるいはプロダクトや事業によって必要とされるエンジニア像を知ることができるのは、自分のキャリアを考える上でも興味深いと思います。

戸村
環境と仲間、そして次々とサービスを立ち上げる経験でしょうか。

for Startupsは、「for Startups」というビジョンに共感し、スキルとコミュニケーション能力を持ち合わせた良い人材が集まって、良いチームが作れていると思います。優秀な人たちに囲まれて、色々とプロダクトや事業を作っていけるフェーズなので、それはやはり、おもしろいですよね。

新しい技術も積極的に取り入れています。日々、様々なスタートアップと接し、「こんな技術を使っています」という話を聞くので、自分たちも使ってみないことには、世の中から置いていかれてしまいます。最先端の技術で勝負するスタートアップの方々と対等なパートナーであるために、「我々も、その先を行かねばならない」という思いは、強く持っています。元々、技術が好きなメンバーが集まっているということもあり、レベルはかなり高いと思います。

――多様な視点、新しい技術、次々とサービスを立ち上げる経験などが得られると。

伊勢路
もう一点、for Startupsならではの魅力を挙げるならば、エンジニアがビジネスの世界でメジャーな存在になるシーンを、間近に見られることではないでしょうか。海外で言えば、GoogleもFacebookも理系の学生が起こした会社です。実は日本も、エンジニアバックグラウンドの創業者がトップにいる会社は多く、かつ成功している会社が多い。一昔前の世界観では、ビジネスを学んだ人がトップにいて、エンジニアは技術で支える役割でしたが、今は違います。エンジニアが勝つ姿を目の当たりにすれば、勇気をもらえるし、勉強になるし、将来は自分もチャレンジしようと思えるのではないでしょうか。そんなシーンに立ち会うことができ、高い視点を得られることが、とても良いと思います。

for Startups, Inc.

■for Startups.が求めるエンジニア像

――どんな方に、仲間に加わってほしいと思いますか。

伊勢路
エンジニアとしては、アウトローな志向の人でもいいと思います。というのも私自身、エンジニアとしてキャリアを積んで、大企業で管理職もして、そこを飛び出して今、ここで営業要素の強いTAの仕事をメインでやっています。大企業の管理職からスタートアップに転じるという選択肢は普通ですが、主に営業をやっているという人は、まずいないでしょう。でも、私はこれでいいと思っています。なぜなら、一つの会社に所属し続けて、その会社の仕事だけをしていればいいというキャリアは、これからの世の中では、少なくなると考えるからです。東芝のケースも他人事ではありません。終身雇用とは名ばかりで、大企業にいても安泰ではないということが、もう何年も前から起きています。そのときのための準備というか、個人として強みを持っていないと立ち行かなくなる時が来る可能性は、決して低くないでしょう。

私はコーディング、ディレクション、マネジメント、今は営業と、浅く広くやってきました。何が自分にフィットしているかは、色々な役回りで仕事をすることで見えてくるという面があると思います。私の変なキャリアが、エンジニアの今後の働き方として、一つのモデルになってもいいのではないでしょうか。

エンジニアとして技術一本で、どこでも通用するように自分を磨きたい人は、戸村と話すといいし、私のようなアウトローな志向なら、for Startupsは、幅広くチャレンジさせてくれる懐の広い会社なので、私や他のメンバーと、一度、話をしに来てくれるとおもしろいと思います。

――もはやコーディングだけしていれば一生安泰、という時代ではないということですか。

伊勢路
コーディングにとても強い人は、それでいいと思うんです。どこに行っても、コーディングでやっていけますから。危ないのは、一つの会社でしか通じないようなキャリアの積み方をすること。今後はキャリアの積み方も、会社の駒としてではなく、個人としてどうあるかに寄っていくでしょう。その点、for Startupsは一貫して「個人が強くあれ」というメッセージを発しています。それも、ビジョンと共に、私が共感しているポイントです。

戸村
ただし、今のfor Startupsは、小さなプロジェクトを次々と起こしていくフェーズなので、「コーディングしかやりません」という人は、現時点では、不向きかと思います。会社が大きくなれば、突出した強み一点で勝負する人もいいですが、今は「何でもやります」という人たちと活発に意見を交換し、考えながら、みんなで進んでいくスタイルです。「インフラもフロントも、サーバーサイドも全部やります」という人がいいですね。むしろ、やったことはないけどやりたい人には、やる環境はいくらでもあります。そのような人にはおもしろい環境でしょう。それこそ伊勢路のように、開発だけでなく営業も、ビジネスの創出も、やりたければやれますから。

――最後に社風や働く環境についても教えてください。

戸村
エンジニアに限った話ではありませんが、やはりビジョンが強い会社であるという点が、魅力ではないかと思います。バックオフィスも営業もエンジニアも、みんながビジョンに共感し、それをベースに話ができる。バックグラウンドがそろっているので、仕事や物事を進める上で、とてもやりやすいです。しかも、そのビジョンは、自分たちのためだけではなく、世の中にどう貢献していくかという視点で考えています。取り組んでいて楽しく、周りからも感謝しかされません。恵まれた環境だと思います。

一方で、ビジョンだけあってもお金が儲からないスタートアップは、持続性の点で疑問であり、先行きは厳しいと言わざるを得ません。その点、for Startupsは、事業もうまくいき、ビジョンも保てている。この両立ができている稀有な存在です。会社の存在意義が素晴らしく、事業立ち上げもたくさん経験できる。こんな環境で働ける機会は、本当に滅多にないと思います。これを読んでいるエンジニアの方に、ぜひ、仲間になってほしいですね。

Share