NEWS

  • HOME
  • PressRelease
  • フォースタートアップス、大手金融グループ会社3社と提携し、 シード期スタートアップ向け総合コンシェルジュサービス「forSEED(フォーシード)」を開始

フォースタートアップス、大手金融グループ会社3社と提携し、 シード期スタートアップ向け総合コンシェルジュサービス「forSEED(フォーシード)」を開始

for Startups, Inc.コーポレートロゴ
各位

2018年(平成30年)8月24
フォースタートアップス株式会社

フォースタートアップス、大手金融グループ会社3社と提携し、
シード期スタートアップ向け総合コンシェルジュサービス「forSEED(フォーシード)」を開始
- 創業期のスタートアップに関する経営課題解決を支援、早期の成長を後押しする。

スタートアップ・ベンチャーを支援するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎)は、株式会社みずほ銀行、三井住友海上火災保険株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社、と提携し、本日より新サービス「forSEED(フォーシード)」を開始いたします。
for Startupsと大手金融グループ会社※表示は五十音順

【forSEEDについて】
「forSEED」は、「シード」と呼ばれる創業期のスタートアップを対象とした各種経営課題の解決を支援する「総合コンシェルジュサービス」です。シード期のスタートアップに対して、セールスからバックオフィスまで各分野で実績のある弊社メンバーで構成される専門の相談窓口を設置し、大手金融グループ会社のネットワーク及びノウハウと、数多くのスタートアップ・ベンチャーの成長支援をしてきた弊社のノウハウを掛け合わせることで、幅広い課題についてワンストップで対応いたします。

【背景】
これまで、シード期のスタートアップは、創業時に直面する様々な課題に対して、具体的に相談できる場所やネットワークを持っていないケースが多く、課題の解決に時間がかかることが成長の阻害要因となっていました。2018年6月に閣議決定された政府の「未来投資戦略2018」では、「企業価値又は時価総額が10 億ドル以上となる、未上場ベンチャー企業(ユニコーン)又は上場ベンチャー企業を2023年までに20社創出」するという目標が発表されました。しかし、海外と比較しても日本の起業率は低く、ユニコーンを創出するためにはより多くのスタートアップが生まれるだけでなく、より早く成長することが求められています。そのため、具体的な課題解決のサポートをする専門窓口をシード期のスタートアップが利用しやすい形態でサービスを提供することが必要と判断し、この度、大手金融グループ会社3社と提携した新サービスを開始することにいたしました。

【サービス概要】
1:コンシェルジュサービス
料金プランに応じて、チャット・電話・対面にてご相談をお受けします。各種経営課題に対応するメンバーは、これまでスタートアップやインターネット系メガベンチャー、IT系大企業等の事業会社にて、CxOや部門責任者等として実績を残してきた弊社メンバーにより構成されています。相談可能内容についてはサービス概要図をご参照ください。

2:大手金融グループ会社による、専門的なコンサルティング
専門的な支援についても、提携している大手金融グループ会社のリソースを活用することができます。ビジネスマッチングや資金調達といった事業戦略の中心となる項目から、ストックオプション制度の設計や保険によるリスクマネジメントといった専門性の高い領域までご支援いたします。

*サービス開始時点での支援メニューは以下6項目です。
「HR」 「Corporate / Finance」 「Engineering / Design」 「PR」 「Sales / Marketing」 「Risk Management」

サービス概要図
【forSEEDについて】 「forSEED」は、「シード」と呼ばれる創業期のスタートアップを対象とした各種経営課題の解決を支援する「総合コンシェルジュサービス」です。シード期のスタートアップに対して、セールスからバックオフィスまで各分野で実績のある弊社メンバーで構成される専門の相談窓口を設置し、大手金融グループ会社のネットワーク及びノウハウと、数多くのスタートアップ・ベンチャーの成長支援をしてきた弊社のノウハウを掛け合わせることで、幅広い課題についてワンストップで対応いたします。 【背景】 これまで、シード期のスタートアップは、創業時に直面する様々な課題に対して、具体的に相談できる場所やネットワークを持っていないケースが多く、課題の解決に時間がかかることが成長の阻害要因となっていました。2018年6月に閣議決定された政府の「未来投資戦略2018」では、「企業価値又は時価総額が10 億ドル以上となる、未上場ベンチャー企業(ユニコーン)又は上場ベンチャー企業を2023年までに20社創出」するという目標が発表されました。しかし、海外と比較しても日本の起業率は低く、ユニコーンを創出するためにはより多くのスタートアップが生まれるだけでなく、より早く成長することが求められています。そのため、具体的な課題解決のサポートをする専門窓口をシード期のスタートアップが利用しやすい形態でサービスを提供することが必要と判断し、この度、大手金融グループ会社3社と提携した新サービスを開始することにいたしました。 【サービス概要】 1:コンシェルジュサービス(年会費1万円) 料金プランに応じて、チャット・電話・対面にてご相談をお受けします。各種経営課題に対応するメンバーは、これまでスタートアップやインターネット系メガベンチャー、IT系大企業等の事業会社にて、CxOや部門責任者等として実績を残してきた弊社メンバーにより構成されています。相談可能内容についてはサービス概要図をご参照ください。 2:大手金融グループ会社による、専門的なコンサルティング*(費用:ケースに応じて個別にご相談) 専門的な支援についても、提携している大手金融グループ会社のリソースを活用することができます。ビジネスマッチングや資金調達といった事業戦略の中心となる項目から、SO制度の設計や保険によるリスクマネジメントといった専門性の高い領域までご支援いたします。 *サービス開始時点での支援メニューは以下6項目です。 「HR」 「Corporate / Finance」 「Engineering / Design」 「PR」 「Sales / Marketing」 「Risk Management」 サービス概要図

 

【提携企業】
株式会社みずほ銀行
三井住友海上火災保険株式会社
三菱UFJ信託銀行株式会社
※表示は五十音順

【今後について】
今後は、支援メニューの追加や、提携企業とスタートアップ向けのサービスを共同開発するなど、スタートアップの成長支援に必要とされるサービスを拡充させてまいります。

フォースタートアップスは、成長産業支援プラットフォームへ進化
フォースタートアップスは人材支援や起業支援だけでなく、スタートアップのあらゆる経営課題を支援するプラットフォームへと進化します。各専門分野の大手事業会社との提携をすることで、大手事業会社とスタートアップを結びつける架け橋となり、プラットフォームとしての価値を最大化してまいります。

フォースタートアップス株式会社について
フォースタートアップス株式会社は、2016年9⽉、株式会社ネットジンザイバンクとして創業。当初より「世界で勝負できる産業、企業、サービス、⼈を創出し、⽇本の成⻑を⽀えていくこと」をミッションとして掲げ、「for Startups」というビジョンのもとに事業を展開してまいりました。当初は、インターネット/IoTセクターに特化した転職⽀援と起業⽀援を中⼼に事業を展開。2017年より国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援をスタート。また、同年、テクノロジーラボを創設し、新規事業開発ならびにプロダクト開発体制を強化しました。さらに、エコシステムビルディングの取り組みとして⽇本最⼤級のスタートアップイベント『SLUSH TOKYO/SLUSH ASIA』を企画・協賛しています。2018年3月19日にフォースタートアップス株式会社に商号を変更、オフィスを六本木一丁目の泉ガーデンタワー36Fに移転。2018年3⽉には国内成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」をリリース。今後もビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。https://forstartups.com/

お問い合わせ
フォースタートアップス株式会社 PR担当:石橋・中村
TEL:(代表)03-6893-0650 / FAX:03-6893-0651
MAIL:pr@forstartups.com

Share

for Startups, Inc.は一緒に働く仲間を大募集しています!

JOIN US!